占い師募集に応募する

占い師になるための応募方法には何があるか?

占い師をしています。一般企業で事務の仕事をしていましたが、もう少し収入が欲しいと思い、趣味でやっていた占いを活用できる占い師になろうと思い、インターネットで検索しました。
インターネットには多くの占いサイトがあり、また、「占い師募集」も多くありました。応募方法としては「占い師募集フォーム」を利用するものが多いです。フォームを開いて必要事項を記入して送信するだけなのでとても簡単です。その後、運営会社から連絡があり、占い師としてのスキルがあるかの試験を受けます。試験合格後に占い師として働く事ができます。
「占い師募集フォーム」以外にも応募方法はあり、私は直接電話したり、メールをしたりもしました。また、インターネット上の大手のサイトでは専用オペーレーターがおり、直接話が出来る応募方法もありました。占い師になるには沢山の方法があるのでとても便利です。自分に合った方法で応募が出来るのです。

占い師になるための応募方法について

もともと占い好きということもあり占い師に憧れて占い師に応募したことがあります。応募方法は応募フォームから書類審査の申し込みをし数日後に専任のスタッフによる電話審査があり、応募した動機やプロフィールの再確認などがありました。つぎに実技テストがあり直接面接で実際に担当者やスタッフさんを占う実技試験を受けました。実技テストが通り採用が決定されると契約に関する書類一式が送られてくるので、鑑定師契約をしてお仕事を紹介してもらえるという流れでした。
占い師の応募でも面接があるのには驚きましたが、電話占いにおいても納得のできるサービスを提供するという姿勢が感じられれて優良なところだと思いました。応募するのに受験料は必要ないので、もし不採用でも2度目への対策をして再チャレンジできるのはとてもいいと思います。

応募してから採用されるまで

以前から勉強を続けていた占いが身についたと思ったので、実際に占い師として活動してみたいと思い、応募してみることにしました。調べてみると占い師募集のページがたくさん見つかったので、その中でも以前から注目していたサイトの募集に応募してみました。応募は普通の仕事のように電話で応募するのではなく、専用のフォームに必要事項を入力して送信するだけなので、簡単に応募できました。その後簡単に仕事内容の説明と応募内容の確認の電話があり、そこで数点受け答えをしたら、今度は実技審査になりました。スタッフの人を実際に占ってみて、その精度で判断するようです。私はここで落ちてしまったのですが、応募は一度きりではなく何度も挑戦できるので、またしっかりと勉強して力を身につけてから再度挑戦したいと思いました。